動脈硬化予防に高麗人参

高麗人参が女性にとっても良い食材であることは紹介しましたが、男性の多くが悩んでいる「肥満」またそれに伴う様々な病気に対しても効果を期待できることが分かっています。
高麗人参の主成分となっているのは、ジンセサノイドという成分です。
サポニンに含まれるその成分には、動脈硬化の予防やコレステロール値を低下させるといった効果があります。

動脈硬化は、血管の異常によって起こり得ます。
私たちの心臓は、ポンプのような働きをして、血液を全身に送り出しています。
心臓は4つの部屋に分かれ、それぞれ動脈と静脈をとおり、体の全身を駆け抜けていきます。
心臓が血液を送り出そうとする際、血管にそれ相応の圧力が加わることになりますが、それがいわば高血圧で、こわばった血管が弛緩して元の状態に戻るときの圧力値が低血圧です。

高血圧の人は、血液の状態が悪いことなどから、心臓が血液を送り出す際に血管にかかる負担が高いため、動脈硬化という部分的に血管が弾力を持たずに固くなり、うまく全身に血液がいきわたらない状態になる可能性が高いのです。
それを予防するために、高麗人参は効果的です。
しかし、多量の摂取は推奨されていません。