高麗人参はどんなものがある?

古来から多くの人に愛用されてきた、高麗人参という野菜。
これに含まれている「ジンセサノイド」というサポニンと同様の成分には、動脈硬化や肥満などの予防効果があり、美容にも良い影響があるということで、隣の国韓国でもこの高麗人参は高い知名度があります。
広く販売されている高麗人参には、サプリメントhttp://pyamf.org/sapurimennto.htmlにその成分を凝縮させたものもあり、若い人からお年寄りまで、昔と同様愛用されている成分の一種です。

高麗人参といっても、3つの種類に分類することができます。
まず、「水参(すいじん)」です。
水参は高麗人参の「根」そのものです。
加工はされていない状態で販売されているものを水参といいます。

次に、「白参(はくじん)」です。
白参は高麗人参の皮を剥いてから乾燥させたものです。

そして最後が「紅参(こうじん)」です。
紅参は、高麗人参の皮をそのままに、煮て乾燥させたものです。
皮のまま煮ているので、皮付近の栄養がそのまま閉じ込められているうえに、保存性にも優れています。
冒頭で述べたサポニンという栄養分がこの紅参にはより多く含まれています。
これら高麗人参の種類について理解すると、高麗人参を選ぶときにどれを選べばよいか、またどういった工夫で食生活に取り入れられるかが分かりますね。